CADデータダウンロード

>PDF

製品名

QRシリーズ – 静音式ローラータイプ

特徴

(1) 走り平行度を向上従来のリニアガイドウェイはシンクロモーション(SynchMotionTM )を搭載していないため、動き始めると、負荷側のスチールボールが先に運動をはじめ、進行方向の折り返し点と負荷を受けない側のスチールボールが連鎖して衝突し合い、摩擦力の変動が激しくなりました。これに対し、同期運動(SynchMotionTM)技術を採用したHIWIN QR Typeリニアガイドウェイは、シンクロモーション(SynchMotionTM )搭載で、同じレール上を循環するスチールボールがボールリテーナで繋がり、ブロックが動き始めると、同時にスチールボールも動き始めるようになっています。このほか、スチールボール同士がぶつかりあうことなく、一定の運動習慣を保っているので、摩擦抵抗の変動を効果的に 引き下げます。(2) 低騒音設計シンクロモーション(SynchMotionTM )を使って各ボール同士の間隔を均等にして配列することで、ボール同士による衝突音の発生をカット。 耳に付くようなキーンという高く強い音を効果的にダウンさせました。総体的に騒音の強さを比べると 旧シリーズより約3デシベルも低下。(3) 四方向高負荷容量HIWIN QRシリーズリニアガイドウェイはDB(45°-45°)の組立を採用し、上下、左右の負荷を受け止め、超高負荷容量を持つことができます。 工作負荷が同じ条件で、HIWIN QRシリーズリニアガイドウェイはボールリニアガイドウェイより体積が小さく、均等な高負荷を受けます。(4) 四方向超高剛性HIWIN QRシリーズリニアガイドウェイは、ボールをニードルローラとし、ローラとレールとブロックが線接触方式なので、ローラが高負荷を受けた状態でも変形は微量です。リニアガイドの剛性値を大幅にアップし更なる高精度加工を維持できます。

用途

高速化、低騒音、高剛性など要求される工作機械

ブロック種類


特徴・構造


型式


寸法表


CADデータダウンロード

>PDF