CADデータダウンロード

>PDF

製品名

QHシリーズ – 静音タイプ

特徴

(1) 低騒音設計 シンクロモーション(SynchMotion TM)を使って各ボール同士の間隔を均等にして配列することで、ボール同士による衝突音の発生をカット。耳に付くようなキーンという高く 強い音を効果的にダウンさせました。総体的に騒音の強さを比べると旧シリーズより約7.7デシベルも低下。 (2) 均一な潤滑効果と自己潤滑設計 自社独自のシンクロモーション(SynchMotion TM )中央部にオイルをためるスペースを設定し、運行中のスチールボールに潤滑油を供給され、進行方向と逆の方向に戻ろうとするとき、均一な潤滑油をこのスペース内に補充することで、スチールボールを滑らかに動かすことができます。したがって、潤滑油を補充する回数がかなり減りました。出荷前に高性能リチウムグリースを添加し、0.2倍の動定格負荷をかけた条件で試験した結果は、2500㎞連続で運行しても疲労破壊が発生しなかったことを実証済み。したがって、出荷するときに、高性能潤滑油を添加しておくことで、普通に使用すればメンテナンスの必要もなく、使用寿命も延長することができます。 (3) 走り平行度を向上 従来のようにシンクロモーション(SynchMotion TM)を搭載していないリニアガイドウェイは、動き始めると、負荷側のスチールボールが先に運動をはじめ、進行方向の折り返し点と負荷を受けない側のスチールボールが連鎖して衝突し合い、摩擦力の変動が激しくなりました。これに対し、同期運動(SynchMotion TM)技術を採用したHIWIN Q1 Typeリニアガイドウェイは、シンクロモーション(SynchMotion TM)搭載で、同じレール上を循環するスチールボールがボールリテーナで繋がり、ブロックが動き始めると、同時にスチールボールも動き始めるようになっています。このほか、スチールボール同士がぶつかりあうことなく、一定の運動習慣を保っているので、摩擦抵抗の変動を効果的に引き下げます。 (4) 高速設計 シンクロモーション(SynchMotion TM)の間隔部にはボールとボールの間の摩擦を起こさせない設計が施されており、HIWIN独自の設計によりボールとシンクロモーション(SynchMotion TM)の間で環形接触するようにされているので、直接触れる面が少なくな り、ひいては摩擦抵抗の引き下げに役立ち、(SynchMotion TM)静音式リニアガイドウェイに卓越した高速性能を持たせています。

用途

高速化、静音化、低塵化などが要求される電子産業 高速化、低騒音など要求される工作機械

ブロック種類


特徴・構造


型式


寸法表


CADデータダウンロード

>PDF