産官学連携「台湾プレミアム生ライチ」を発表

~安全かつ色鮮やかに保存期間を延ばす、新技術を発表!
従来の日持ちが 10 倍!約一カ月間にわたり、 鮮度を維持することが可能に~

ハイウィン株式会社はTAITRA(台湾貿易センター)と、本日6月28日に、台湾プレミアム生ライチ記者発表会を行いました。今回用いられた技術は、エビやカニなどの甲殻類から抽出されるキトサンを使用した天然由来の特許技術を使用し、ライチの水分保持と果皮色を持続させることを可能にするもので、これによって台湾から安全で瑞々しいライチを日本国内に輸入することができるようになります。

1980年に台湾から日本への輸出が解禁になった台湾産ライチですが、これまで日本への輸出は、原則的には冷凍保存したライチのみであり、旅行者による生ライチの持ち込みでさえも禁止されていました。台湾の瑞々しい生ライチを日本の皆さまにも食べていただきたい、という当社会長の卓永財( Chuo Yung-Tsai)の強い思いから始まったこのプロジェクトは、当社が社会貢献活動の一環として、果物の色や水分量保持に関する研究に力を入れていた台湾国立中興大学の研究を後押しし、実現しました。大学が保有する特許技術を用いて、2018年6月から安全かつ色鮮やかなライチを、瑞々しいまま日本へ輸出することができるようになります。これまで3日程度で水分や果皮色の変質があったライチですが、この新技術によって従来の10倍となる約一カ月もの間新鮮さが維持されるため、台湾の食卓で長く愛されてきた生ライチのおいしさを広く日本の皆さまにお届けできるようになりました。


本日の記者発表会では、台北駐日経済文化代表処 駐日代表 謝 長廷( Hsieh Changting)氏などのゲストによる挨拶から始まり、本プロジェクトの研究を進めた台湾国立中興大学 教授の林 慧玲( Lin Hui-Ling)氏、副教授の謝 慶昌( Hsieh Ching-Chang)氏が、新技術の説明について語りました。また、台灣青果合作社 曾 詠松( Tseng YungSung)氏は、台湾ライチのマーケティング状況や日本市場の展望について述べました。また、会見後半には、今回発表した生ライチの贈呈式が行われました。 贈呈先は、東日本大震災以降、お互いの支援にとどまらず、人的支援が活発に行われている宮城県南三陸町の住民の皆さまで、ハイウィン株式会社から100箱( 1 箱×約 1.5kg)の生ライチを寄贈いたしました。会見では、当社会長の卓永財から、南三陸町の代理として宮城県庁東京事務所所長の伊藤哲也氏にライチが手渡され、日本と台湾の今後の交流をさらに深める良い機会となりました。

 

【コメント】

台湾国立 中興大学 教授 林 慧玲、副教授 謝 慶昌(写真):
今回開発した鮮度保持技術によって、日本の皆さまに瑞々しいライチを食べていただけることを大変嬉しく思います。 本技術は検疫処理直後にキトサン液に浸すことで、表面をキトサン膜で覆い、長期間の水分保持と果皮の褐色化を遅らせることができます。それにより、 生ライチを安全に瑞々しいまま日本へ輸出することを可能にしました。
台灣青果合作社 曾詠松:
ライチは台湾にとっても重要な産業物の一つです。安全性や入手性を高めるため、収穫時期の分散・拡大、検査・管理システムの構築を行っているところであり、今回の新技術を導入することにより、「高品質・安全・新鮮」な台湾ライチのブランドイメージを形成していきます。台湾が誇るライチを是非もっと多くの日本の皆さまに食べていただきたいです。
台北駐日経済文化代表処 駐日代表、謝 長廷:
今回、このような素晴らしいイベントに参加できたことを嬉しく思います。 宮城県東京事務所 伊藤所長に、本日贈呈しました生ライチは、来月 7 月 4 日に南三陸町で開催されるイベント、「七夕コンサート」 にて、町民の皆様にご賞味いただくことになっております。 今後も日本の皆様と絶えず交流を続けていければ幸いです。

 

会場の様子

ライチを使ったデザート