米フォーブス誌2014年世界で最も革新的な成長企業100社、HIWINが50位にランクイン

2014/06/17
米国有数の経済誌である、フォーブス(Forbes)が米国長者番付40人、世界で最も影響力のある人物100人、世界で最も影響力のある女性の発表に引き続き、今月(6月)上旬に同社のウェブサイトに「世界で最も革新的な成長企業100社」(The World’s Most Innovative Growth Companies 2014)を発表し、HIWINが第50位にランクインしました。 (http://www.forbes.com/growth-companies/list/)

今回フォーブス誌が発表した世界で最も革新的な成長企業100社の上位三社はすべて米国のITソフトウェア会社です。台湾の入選者はHIWIN(No.50)と裕隆日産汽車(Yulon Nissan Motor,No.93)です。そのほか、消費者の身近にある会社、例えばネスレ(Nestle Pakistan)、LG care、シーメンス (Siemens India)、コルゲート・パーモリーブ(Colgate-Palmolive India)、上海東方明珠なども入選されました。選出の基準は主に企業の「イノベーション・ プレミアム」(Innovation Premium)、つまり現在の時価総額と現金流量の差額により、企業の革新エネルギーを評価します。

HIWINは設立されてから、開発革新を大変重視し、企業文化に取り組んでいます。現在は1113件の特許権を所有しています。主力製品はボールねじ、リニアガイドウェイ、特殊なベアリングであり、現在は直動製品分野世界第二の大メーカーであり、世界一位を目指して成長しています。今年工業ロボットの生産も量産に入り、台湾で唯一ウエハロボット、Scaraロボット、Deltaロボット、垂直多関節ロボット及び医療ロボットを生産できる企業です。